グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  看護学部案内 >  専門分野・領域の紹介 >  小児看護学

小児看護学


日本の合計特殊出生率は低迷が続いており、2060年には1人の生産年齢者が1人の高齢者を支える時代が到来します。小児看護学では、子どもを健全に育み支援することを重要課題と考え、小児各期における健全な成長発達とその支援、健康レベルに応じた小児看護について学びます。

小児看護学領域の主な履修科目

小児看護学概論
小児看護援助論
小児看護学演習
小児看護学実習

担当教員


授業風景


小児看護学ゼミにおける過去の卒業研究テーマ(抜粋)
2018年度 小児がん患児に対するピアサポートの現状と効果に関する文献検討
母親がダウン症児を出産してから退院するまでの期間に看護者に期待するケアニーズ
0〜2歳の子どもが医療処置を受ける際の看護師による人権支援の実態に関する文献検討
障害児の母親が子どもを受容するきっかけに関する文献検討
子どもの入院に付き添う家族の負担に関する文献検討
小児病棟における看護師と保育士の連携に関する文献検討