グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  看護実践教育研究センター

看護実践教育研究センター


センター長挨拶

センター長 荒井 孝子







近年の医療において、我々医療職者の専門性はより高度なものが求められていますが、在宅を中心とした地域包括ケアも推進されており、多様なニーズに応えることができる看護師の支援が重要になると考えています。センター名に込められた、看護に係る実践と教育と研究について発信していく拠点となりますよう、これから少しずつセンターの柱となる事業を計画、実施していきます。地域の看護職の皆様にご活用いただきながら、ともに成長していくセンターとなるよう取り組んでまります。