グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




概要


看護実践教育研究センターとは

看護実践教育研究センターは、こういった社会的要請に応えるべく地域包括医療を遂行するための有効なヘルスケアを実践し、医療機関・福祉機関・保健機関と地域との協働・連携を円滑に運営できる看護実践家を創出すること、ケアのパフォーマンスを向上させる教育・研究・開発を促進させ、その成果を地域や国内外へ還元することを目的として、2020年12月1日に静岡県立大学看護学部附置機関として設立されました。

看護実践教育研究センター事業内容

本センターの柱は、(1)看護実践家に対するリカレント教育、(2)看護学教育・研究に関する情報発信拠点、(3)看護学教育研究に関する国際交流です。2021年4月から開始する「看護師の特定行為研修」をはじめ、看護者の専門性やキャリアに合わせた研修・講習等を企画し、提供していきます。地域の看護職のみなさまと共にこのセンターを育てていきたいと思います。

2021年4月から看護師特定行為研修を開始します!

本センターが行う看護師特定行為研修は、地域で療養する人々やその家族のニーズに応え、安全に特定行為を実践できる専門性の高い知識と技術を備えた、地域医療に貢献できる看護師を育成することを目的として指定研修機関として申請中です。
本学における看護師特定行為研修は「在宅・慢性期領域」パッケージコースおよび「栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連」区分コースを軸として、「血糖コントロールに係る薬剤投与関連」と「感染に係る薬剤投与関連」の選択科目を用意しています。
 この特定行為研修により地域・在宅で活躍されている看護職のみなさまの新しいキャリアアップに貢献し、ひいては住民の皆様への健康サービスが益々充実することが期待されると考えています。静岡県が掲げる「人生の最期までずっと住み慣れた自宅で自分らしく暮らせる」地域で療養する人々やその家族の生活を支えるために必要な、より専門性の高い知識と技術を備え、在宅医療に関わる多職種チームの中で中核的役割を担い得る、自律して活動できる看護師を育成することを目的として研修を理念としています。
看護実践教育研究センターは、看護学部の教員を強力な資源として、地域でご活躍されている皆様を支援していきたいと思います。

看護実践教育研究センターで学ぶメリット

1 大学ならではの充実した環境
 小鹿・草薙キャンパスにある付属図書館にある蔵書やデータベースを用いた看護系電子ジャーナル検索ができます。
看護学部のシミュレーションセンターが有する高機能患者シミュレータをはじめとした様々なモデルを利用して看護技術を習得できる充実した学習環境です。
また、「看護師特定行為研修」においては、研修生は、看護学研究科博士前期課程の学生と一緒に学ぶ環境を整備しています。特定行為研修を受講する中で、看護学部教員や大学院生などと交流しながら切磋琢磨することができます。

2 働きながら学べる環境
 「看護師特定行為研修」における共通科目・区分別科目についてはe-ラーニングのよる開講を基本としています。通学することなくwebによる学習支援をします。演習・実習については全体で1週間程度の集合研修を実施します。