グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  看護学部案内 >  専門分野・領域の紹介 >  成人看護学

成人看護学


成人看護学は、人生の中で最も長期間を占める成人期を中心に、治療を受けながら闘病し療養する人々とその家族を対象者としています。そして、学生が、根拠に基づいた系統的な知識、技術を適用して、対象者の健康障害の悪化予防・回復促進・緩和に働きかけ、可能な限りその人らしい生活と人生(life)が送れるよう援助できる能力を身につけることを目指しています。

そのために、以下のような教育目標を掲げています。

  1. 成人期を中心に、治療を受けながら闘病し療養する対象者を、解剖・病態生理学的知識や諸理論・概念に基づき身体的、心理的、社会的存在として総合的に理解できる能力を養う。
  2. 成人期を中心に、治療を受けながら闘病し療養する対象者に対して、自ら判断して主体的に行動することにより、根拠に基づいた知識・技術を適用した援助ができる能力を養う。
  3. 保健医療福祉チームの一員として、対象者とその家族、他専門職と協働できるための基礎的能力を養う。


成人看護学領域の主な履修科目

慢性看護学概論
慢性看護援助論演習
慢性看護学実習
急性期看護学概論
急性期看護援助論演習
急性期看護学実習
臨床シミュレーションEBN実習

担当教員


授業風景


成人看護学ゼミにおける過去の卒業研究テーマ(抜粋)
2019年度 術前の不安に対する術前教育に関するDVDの有効性の検討:メタ分析
国内文献にみる喉頭全摘出術を受けた患者の失声の受容過程
国内の看護文献にみる医師に経管栄養法を提案されてから決定するまでの
家族の代理意思決定の体験プロセス
外科病棟における術後患者へのRRS導入の有効性:メタ分析
術後呼吸器合併症に対する術前介入の有効性:メタ分析
がん放射線治療に伴う有害事象に対する看護~放射線皮膚炎・粘膜炎に焦点を当てて~
突然の発症や急変を起こした救急患者家族の思いに関する文献検討
2型糖尿病患者がセルフケアを継続するための効果的な看護介入のあり方に関する文献研究
文献マップからみた人工肛門造設者への〝腸内フローラを整える食事指導″の必要性
患者の術前不安に対する音楽介入の有効性:メタ分析
化学療法を受けるがん患者のセルフケア行動を促進する要因と阻害する要因に関する文献検討
病棟看護師が実践している在宅移行期の脳血管疾患患者と家族に対する精神的側面への看護実践に関する文献検討
救命救急センターにおける救急看護師の患者家族への看護実践
肝臓切除術後の肝機能の変化に基づいて行う肝臓の保護を目的とした食事指導
患者に対する看護師の非言語的コミュニケーション特性─患者以外との比較から─
周術期低体温に対する加温装置の有効性に関するメタ分析
同居家族のいる高齢心不全患者が行う食事管理の実態に関する文献検討
救急あるいは集中ケアに携わる看護師の臨床判断プロセスの実態
糖尿病患者の運動療法継続要因についての文献検討
救急看護師の初療場面における緊急性の判断に関する研究