グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  看護学部案内 >  専門分野・領域の紹介 >  老年看護学

老年看護学


世界に類をみない超高齢社会の日本において、老年看護学の役割はますます高まると予測されます。
高齢者の身体的、心理的、社会的な特徴を理解し、医療機関だけでなく施設、在宅において、高齢者のもてる力を引き出し、高齢者が望む生活を送ることができるよう支援するための看護について学びます。

老年看護学領域の主な履修科目

老年看護学概論
老年看護援助論
老年看護学演習
老年看護学実習

担当教員


授業風景


老年看護学ゼミにおける過去の卒業研究テーマ(抜粋)
2018年度 在宅認知症高齢者における家族介護に関する研究動向
胃瘻造設における代理意思決定プロセスに応じた患者家族への支援の文献検討
ユマチュード実践による認知症高齢者と家族介護者への支援の検討
−認知症高齢者と家族介護者の関係性変化に着目して−
意思表出困難な高齢者と家族の意思を尊重した意思決定支援のあり方−AHN(人工的水分・栄養補給法)の選択に焦点を当てて−
睡眠障害を呈する認知症高齢者への介入方法と効果についての文献検討
2019年度 認知症患者のBPSD発症時における具体的な対応について
-ユマニチュード実践による検討-
回復期リハビリテーション病棟における認知症高齢者の日常生活援助及びリハビリテーション療法時に生じる困難と対応について
~看護師と作業療法士に焦点を当てて~
一般病棟においてユマニチュード実践を困難にする要因の検討
~看護師資格を有するユマニチュード認定インストラクターへのインタビューから~
急性期病床から療養病床へ転院時の患者・家族への退院支援において提供した情報の内容・方法
看護師の退院支援における患者・家族―医療者間の認識のズレの考察
高齢者のセルフケア能力や身体機能を維持・向上し意欲向上させるためのケア内容に関する文献検討
認知機能低下のある高齢患者の胃瘻造設の代理意志決定を行う家族の心理的プロセス
神経難病をもつ高齢者の人工栄養法導入における代理意思決定を行う家族の思いに関する文献検討
2020年度 認知症高齢者における回想法の効果と活用に向けて
高齢者における看取りの満足度を高める要因に関する文献検討
高齢者の持てる力を維持・向上するために看護者が高齢者のコミュニケーション能力について着目している点を明らかにする文献検討
終末期高齢者の在宅看取りを目的とした病棟看護師の退院支援
高齢者の進行性難病患者の障害受容プロセスに沿ったケア内容の文献検討
2021年度 高齢患者とその家族の退院支援に関する文献レビュー―病院から在宅への移行における患者・家族の困難感を軽減する為の看護支援の検討―
高齢者の看取りに関してアドバンス・ケア・プランニング(ACP)の実践に影響を及ぼす因子の文献検討
終末期高齢者の希望に沿ったエンド・オブ・ライフケアの検討-看取り経験をした家族の思いや経験からの考察-
脳血管疾患による身体機能障害のある高齢者の障害受容の過程とそれに応じた看護の検討
高齢療養者の看取りにおいて家族の満足度に影響を与える要因の検討
意思表示が困難な終末期高齢者の家族の代理意思決定に関する文献レビュー
-家族の苦悩を軽減させるための看護師による効果的な代理意思決定支援の検討-