グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  看護実践教育研究センター >  リカレント講座 >  看護職のための看護倫理に関する研修

看護職のための看護倫理に関する研修


看護職として大切にしていること
第1回 基礎編「物語で紐解く看護の倫理」

【概要】
 保健・医療・福祉の現場で、人々の価値観の多様性を尊重するとともに、看護倫理の健闘が重要になっています。そのような複雑な看護実践の中で、多くの看護職の方々は「自分の看護はこれで良いのだろか」「自分は看護職としてどうすれば良かったのだろうか」と気がかりに思う場面に直面していると思います。その気がかりは、「倫理の目」に気づき、感じ、検討する倫理の営みの出発点ともいえます。しかし、看護職の方からは「答えがない看護倫理の検討は難しい」「倫理の検討は責められそうな印象がある」という言葉がよく聞かれ、看護倫理の検討に困難を感じている看護職の方が多いようです。そこで今回、私たち看護職が大切にしていることを確認する場として、看護倫理を身近に引き寄せて検討する研修を企画いたしました。なお、検討事例については、守秘義務を考慮し、講師が準備することにしたいと思います。

【対象】
 看護倫理に関心がある看護職(看護教員含む)

【開催回】
1回目 2023年11月11日(土)13:30~15:30
講師:山下 早苗
2回目 2023年12月9日(土)13:30~15:30
講師:鈴木 千智

【講師紹介】
氏名 山下早苗(やました さなえ)
静岡県立大学看護学部・大学院看護学研究科/教授 博士(保健学)
講師紹介 専門分野:小児看護学・看護倫理
大分県立看護科学大学小児看護学助教、鹿児島大学医学部保健学科小児看護学講師、防衛医科大学校医学教育部小児看護学教授を経て、2018年より現職。
日本看護倫理学会代議員。
静岡県立こども病院で倫理カンファレンス運営を支援
氏名 鈴木千智(すずき ちさと)
静岡県立大学看護学部・大学院看護学研究科/准教授 博士(看護学)
講師紹介 専門分野:公衆衛生看護学
千葉市保健所保健師、広島大学医学部保健学科看護学専攻助手、静岡県立大学看護学部助手、日本赤十字豊田看護大学講師を経て、2020年より現職。日本看護倫理学会代議員。
行政保健師の情報共有における倫理的意思決定をテーマに学位を取得

【会場等】
会場 静岡県立大学看護学部小鹿キャンパス
定員 20名(最小催行人4名)
受講料 無料
受付期間 第1回 2023年10月2日(月)〜2023年10月27日(金)17:00
第2回 2023年10月30日(月)〜2023年11月24日(金)17:00
備考 (注意)
・受付は定員に達し次第、締め切ります。
・受講者の定員が最小催行人数に満たない場合は中止する場合があります。