グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  看護学研究科 >  専門分野紹介 >  実践看護学領域 >  成人・老人看護学

成人・老人看護学


担当教員と主な研究テーマ

職位 氏名 研究テーマ
教授 山田 紋子 ・がん看護学、周術期看護
・周術期にある乳がん女性の看護
・がん患者の意思決定支援
教授 青木 和惠 ・がん患者の療養プロセスに関する研究
・がんのWOC(創傷・オストミー・失禁)ケアに関する研究
教授 田中 範佳 ・周術期・急性期看護
・看護用具の開発・評価
・シミュレーション教育
准教授 安田 真美 ・認知症高齢者および家族に関する研究
 (Dementia care Mapping:DCMを用いた認知症研修の効果の検証、認知症ケアアプローチの検討など)

専門分野紹介

成人・老人看護学分野では、慢性看護学、急性期看護学、がん看護学を中心に、本分野における学問的多様性と院生の研究ニーズに対応できる指導・支援体制を取っています。自己の看護実践と向き合ったうえで独自の看護現象を捉え、そこでの課題や問いを明確にし、既存の研究方法の適用、さらには新たな方法論の開発にも挑戦しつつ、対象の理解と実践を支える新しい知見の発見とその構築に取り組んでいます。院生は、この過程を、特論(研究と現象理解に必要な基本的理論の理解)、応用演習(各現象への基本的理論の適用と評価、実践での個別適用とその長所と限界の検討)を通して学びつつ、修士論文としてまとめます。



カリキュラム構成

共通科目 研究法Ⅰ
研究法Ⅱ
必修2単位
必修2単位
共通科目(選択) 看護理論
看護倫理特論
看護教育学特論
看護管理学特論
家族看護特論
基礎科学特論
母子相互作用支援論
国際保健医療特論
英語科学論文クリティーク
選択2単位
選択2単位
選択2単位
選択2単位
選択2単位
選択2単位
選択2単位
選択2単位
選択2単位
上記の内、14単位以上を選択して履修する。
専門科目(選択必修) 実践看護学特論Ⅰ
実践看護学特論Ⅱ
実践看護学特論Ⅲ
実践看護学応用演習Ⅰ
実践看護学応用演習Ⅱ
実践看護学応用演習Ⅲ
2単位
2単位
2単位
4単位
4単位
4単位
上記の内、特論2単位、演習4単位を選択して履修する。
特別研究 実践看護学特別研究Ⅰ
実践看護学特別研究Ⅱ
実践看護学特別研究Ⅲ
6単位
6単位
6単位
上記の内、いずれかの特別研究6単位を選択して履修する。
履修単位合計 30単位以上


過去の修士論文テーマ

修了年度 修士論文テーマ
2016 脳血管障害患者の主介護者が発症から急性期病院退院までに抱える家族成員間の関係における困難と対処
2017 壮年期2型糖尿病患者の自己管理行動を獲得するまでの判断のプロセス