グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  看護学部案内 >  専門分野・領域の紹介 >  在宅看護学

在宅看護学


「地域包括ケア」は、地域において保健医療福祉が統合的に提供されるシステムを意味しており、1970年代から始まった病院における訪問看護に重点を置く提供体制が先駆的な事例です。1991年に訪問看護制度が創設され、訪問看護ステーションの数は増加傾向で推移しています。在宅看護学において、人々がその人らしく住み慣れた地域で生活できるように支援することをともに学びます。さらに、多様な療養の場において療養生活支援の専門職としての役割を果たすことができる基礎的能力を養うことを学習目標としています。

在宅看護学領域の主な履修科目

地域包括ケア
地域家族支援論
在宅看護学概論
在宅看護学演習
在宅看護学実習

担当教員


授業風景


在宅看護学ゼミにおける過去の卒業研究テーマ(抜粋)
2018年度 超高齢者の在宅療養におけるエンドオブライフケアの特徴
腹膜透析をもつ在宅高齢者と家族への訪問看護支援
2017年度 在宅生活継続への困難を抱える認知症高齢者と家族への支援
中山間地域で終末期がん療養者の在宅看取りを担う家族への訪問看護支援の特徴
2016年度 在宅がん療養者の痛みのセルフケアに対する訪問看護支援
医療的ケアを必要とする児のレスパイトケア利用の要因の検討