グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




専門基礎


専門基礎分野は「人間と人間生活の理解(7科目)」「人体の構造と機能(4科目)」「疾病の成り立ちと回復の促進(5科目)」「健康支援と社会保障制度(6科目)」の4領域にわたる科目群で構成されています。すべて看護学修得のためのバックグラウンドとして大切で、多くが必修科目です。看護学がより専門性を高めるには、基礎科目の広い裾野がますます重要であり、本学部には4領域それぞれに主軸を置く教員が所属しています。

専門基礎分野の主な履修科目

機能形態学Ⅰ・Ⅱ
基礎健康科学演習(実験実習)
症候論
病態学
保健医療統計学
疫学
生物化学
健康環境論
微生物学
臨床薬理学
臨床栄養学
公衆衛生学
社会福祉論

担当教員


授業風景


専門基礎分野ゼミにおける過去の卒業研究テーマ(抜粋)
2018年度 誤嚥性肺炎に対する外科的手術の術式の検討
大気浮遊物質と呼吸器疾患に関する文献調査
静岡県在住のフィリピン人医療通訳経験者の活動実態
抗原応答増悪作用を示す多環芳香族化合物の探索とその評価
抗原応答増悪作用を示す多環芳香族化合物の探索とその評価
2017年度 精神的ストレスに対する精神性発汗の変化に関する検討
大気汚染物質とアレルギー悪化の関連に係る研究-文献的考察-
剤形の違いによる速乾性手指消毒剤効果の比較検討
ディーゼル排気ガスの長期曝露による肺がんリスク評価
在宅療養高齢者の服薬管理における訪問看護師と薬剤師の介入比較と服薬管理支援の将来像の考察
2016年度 出生前診断における倫理的問題点
PAHの気道曝露影響に関するin vitro 研究
病院看護師を対象とした災害時の行動シミュレーションに関する調査
労働者のメンタルヘルスと産業看護職に求められる活動
看護師による多剤併用高齢者の服薬管理への効果的な介入方法に関する考察