グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  看護学部案内 >  専門分野・領域の紹介 >  母性看護学

母性看護学


母性看護学領域では、女性とその子ども・家族が、生涯にわたる健康を維持・増進し、健康障害の予防・回復に主体性にのぞめるよう支援することを学びます。

母性看護学領域の主な履修科目

母性看護学概論
母性看護援助論Ⅰ
母性看護援助論Ⅱ
母性看護学演習
母性看護学実習

担当教員


授業風景


母性看護学ゼミにおける過去の卒業研究テーマ(抜粋)
2018年度 就業志向を持つ母親のニーズと社会支援の実際
緊急帝王切開術で出産した初産婦の心理状態とその看護ケア
若年層母親の不安とニーズに対する看護職のかかわりについて
周産期喪失を体験した母親のニーズ-死別の宣告から退院後までの経過に着目して-
日本人女性のやせの現状および妊娠期の母親のやせが新生児の体重に与える影響についての文献検討
アクティブバースをした産婦の出産体験
2017年度 母親の出産満足度を高める要因
周産期における児童虐待早期発見のためのリスク要因-妊娠期から虐待リスクを発見するために-
ダウン症児を出産した母親の心理過程とケアニーズ
中学生の子を持つ両親の過程における性教育の実態と進まない要因
フリースタイル分娩を体験した褥婦の意識
周産期における父親への支援
産後1か月における育児不安の実態と育児不安軽減のための効果的な看護の在り方について
産褥1か月までにおけるローリスクの母親の愛着形成に影響を及ぼす因子の探求
2016年度 未受診妊婦の実態に関する文献検討と今後の課題
出産に対する自己評価が産後の母親の対児感情に与える影響
低出生体重児を対象にした母乳育児確立にむけての支援の在り方
分娩期における麻酔を用いない産痛緩和法の効果に関する文献検討
2015年度 母親が母乳育児を継続的に行うことができるための要因
妊娠期における食生活の現状と低出生体重児との関係についての文献検討
周産期におけるリラクセーション効果を目的とした癒しケアに関する文献検討
NICUに子どもが入院した両親の愛着形成を促す看護援助について