研究科ホーム 研究科長挨拶 教育理念 研究科入試案内 学生生活 活躍する修了生 専門領域 看護学部紹介

看護技術学

I.担当教員

教授 渡邊 順子

教授 荒井 孝子

II.専門分野紹介

<渡邉順子>

看護技術が有効に実践されるための条件について深く追求し、看護技術/介入の改善や開発手法について実証的に検討します。例えば、ベッドレストに伴う有効なポジショニング介入や、高齢者の排泄ケアに関する看護診断と看護介入の関係性などです。最近では、基礎看護教育に効果的な模擬患者参加型演習や輸液技術教育等に取り組んでいます。

 <荒井孝子>

健康阻害因子について、看護と健康を取り巻く環境からアプローチし検証します。これまで大気中に浮遊する粒子状物質の健康影響について研究してきましたので、実験動物をモデルとして病態を解明する手法を用いることもあります。近年は正常者脳に対する画像分析など健康に関連する因子を解明することに取り組んでいます。

 

 

III.主な研究分野と内容

<渡邉順子>
  臨床フィールドにおいて、看護師が行う輸液手技や排泄障害に対するケア実態について取 り組んでいます。

 また新たに開発した「フェイスケアプログラム」による認知症BPSD緩和効果の検証に取り組んでいます。

IV.専門分野における過去の修士論文テーマ

<渡邉順子>

○静脈注射および輸液技術に関する看護師経験年数の違いによる実態調査

○臨地実習における看護学生の精神的・身体的被暴力の認知とその対処

○看護学教育におけるコミュニケーション技術の習得に関する調査

○排泄障害のある在宅要介護高齢者への訪問看護師の看護介入行動に関する調査研究

○精神看護学教育における統合失調症に対する偏見低減に効果的なナラティブ教材を活用した教育技法の確立  

 <荒井孝子>

〇生活習慣病の疾病管理におけるナースプラクティショナーの役割と課題

〇ナースプラクティショナーの役割と今後の課題

〇疾病管理学実習におけるナースプラクティショナーとしての行動特性

〇地域医療における急性期NPとしての役割に関する考察

〇クリティカル領域におけるNPに必要な能力と役割についての検討

          など、特定行為に関わる看護師の修士論文を中心に指導

 

保険・医療システム学
看護管理学
看護技術学
地域看護学
慢性看護学
急性看護学
がん看護学
助産学
小児看護学
精神看護学
 
 
【静岡県立大学大学院看護学研究科】 Copyright University of Shizuoka. Graduate School of Nursing. All Rights Reserved.