静岡県立大学看護学部
大学ホームページへ
searchfontsizechengefontbtn_sbtn_m_offbtn_l_off

 

TOP » 看護学部紹介 » 学部長あいさつ・看護学部・研究科の歩み

明日を求めて

看護学部長 金澤 寛明


 

 いつもここで、大学で看護学を学ぶ意味はどこにあるのでしょうか、と皆さんに問いかけています。どうでしょうか。「看護師になるため」、と言った答えは当たり前でもう一段深く切り込んで深いところを探って欲しいのです。どうしてかと言うと、例えば皆さんが看護しなくてはならない対象者(病院なら患者さんと考えても良いでしょうか)にどのように対応しなくてはならないか、疾患の事、薬や治療の事、痛みを感じている部位など、これらは個人個人で違う訳で、教科書にも書いてはいないのです。それらを網羅している本などはどこにもありません。

 学外に実習に出た場合、これらの事を自ら考え、実践する事が求められるのです。さらに場合によっては、対象者の悩んでいる事を聞き出さなければなりません。きちんと問いかけて、お話を聞く事ができるでしょうか。

つまり広く人間を理解することが求められているのです。難しい事を要求しているように思われますが、その多くはこれまでの学習や日常生活で得たものに、大学での学習や演習により徐々に付いてくると思います。そして、卒業し看護職者として働くなかでも絶えず自ら学んでいくようにして欲しいと思います。







昭和62年 4月 静岡県立大学開学(県立三大学・静岡薬科大学(昭和28年開学)、静岡女子大学(昭和42年開学)、静岡女子短期大学(昭和26年開学)を改組・統合
平成 9年 4月 看護学部看護学科が設置
平成11年 12月 第19回日本看護科学学会学術集会開催(於いてグランシップ)
平成13年 3月 看護学部第1期生56名卒業
4月 大学院看護学研究科(修士課程)が設置
看護学部カリキュラム一部改正(平成9年度改正指定規則への整合)
初の社会人特別選抜(若干名)・編入学生(5名)受け入れ
平成15年 3月 看護学研究科第1期生12名修了
4月 静岡県立大学看護学部同窓会を設置
平成16年 4月 静岡県立がんセンターとの連携大学院締結
平成17年 4月 編入学定員を10名に変更(定員65名、うち編入学生10名)
平成18年 10月 静岡県立大学創立20周年記念行事開催
タイ国コンケン大学看護学部と学部間国際交流協定締結
平成19年 4月 静岡県公立大学法人に設置主体が変更
平成21年 4月 保健師助産師看護師養成所指定規則の改正により新カリキュラム導入
平成22年 4月 看護学研究科(修士課程)に助産学分野を開設し修士課程での助産師の育成開始
教員公募
サイトマップ
アクセス
プライバシーポリシー
よくあるご質問
学部・研究科案内パンフレット
学部内専用情報
リンク一覧